« 【C86】コミケお疲れ様でした!ありがとうございます! | トップページ | マクロスアメリカツアー②「スター・デイト」 »

2014年11月10日 (月)

マクロスアメリカツアーその①「バルキリーに乗って」

どもども、HISAMEです!
今更ですが、先月10月にアメリカへ行ってきました!

今回の旅の1番の目的はアメリカのイベント
Macross World Convention 2014(マクロスワールドコンベンション)
参加する事でした。

10608762_10152755353544116_75277157

なんと非公式のファン主催イベントのなのに、初代マクロスの
伝説の歌姫ことリン・ミンメイでお馴染みの飯島真理さん
ゲストでいらっしゃってしまう素敵なイベントです。
そして、去年もゲストだったマクロスメカニカルアート担当の
天神英貴さんが今年も参加という公式イベントも顔負け!?
初代マクロスの人気が根強いアメリカだからこそ
できるイベントなのですかね〜?
そんな熱いハートを持った海外のマクロスファンに会いたいのと
アメリカのマクロスF聖地巡礼をしたかったので
どうせなら両方楽しんじゃおうと無理言ってスケジュールを
組んで貰ったのが、今回のマクロスアメリカツアーです。

今まで何度も行きたかったけど、チャンスに恵まれず…。
マクロス友達のグウィンとえすさんがご一緒してくださる事になったので
今回は幸運にもアメリカへ行くことができました!
その記憶が薄れないうちにレポートしたいと思います。
忘れないうちに急げ〜!\(^o^)/

1日目!

もう遠足前の小学生のように眠れなかった!
とにかく荷物が多い!ギターをハードケースに入れて
持って行くことにしたんだけど、想像以上に重過ぎる上に
雨まで降って、まさかの家から出発できない状況になってしまったので
行きだけお父さんに手伝って貰ってキャリー運んで貰いました(笑)

まずは東京(成田)からサンフランシスコへ
本当は行き帰りもANAの筈だったんだけど
サンフランシスコへの直行便がうまいことなかったらしく
行きはユナイテッド航空になりました。

しかし、チェックインカウンターがほぼ自力でチエックインという
なんとも不親切な感じで、尚且つ英語表記だったので
殆どグウィンに手伝って貰いました\(^o^)/
でも、予約の関係で座席が隣同士でなかったらしく
そこで行き詰まって結局係りのお姉さん呼んで
やって貰ったんだけどね!でも、今思えばこれって
グウィン居なかったらまずチェックインすら…
出国すらできていなかったかもしれないね!どわははは!

しかし、ちょっと予想外の事が…

Img_6159s

この荷物で別途約9000円かかりました!
事前にギターを運べる事は調べて貰っていたんだけど
まさかお金が別にかかってしまうとは…!
ちょっと言葉の壁?もあってちゃんと確認できてなかった
僕が悪いんだけど、出国前に思わぬ出費が…
クレジットカード使えて良かったね…うん。
しかし、この費用があと2回かかると思うと痛い_:(´ཀ`」 ∠):_

Img_6164s

チェックインを済ませた後は、2人はうどんを食ったぜ!
しばらくの間和食とはお別れだからな…!
グウィンはダイエット中なのかオリジナルのドリンクだけなの!
えっ!?お腹空かないの!?大丈夫なの?\(^o^)/

飛行機は少しだけ遅れてましたね。
この辺から後に登場するザッツアメリカ
始まっていたのかもしれない…後でわかるよ!(笑)

Img_6170s

そんな訳で時間になったのでドキドキしながら搭乗。
やっぱりね〜。初の渡米は色々と不安がありました!
そんな不安もありながらも楽しみの方がたくさんあったので
何とか乗り越えて行くことができたんですけどね。

機内食は2回出ました!

Img_6173s

さっきうどん食ったばっかだけど、本日3度目の食事を
容赦なく出されます。ポークにしてみました!

Img_6174s

ここでまさかの山●山のお茶の登場。

で、機内食以外の時間はと言うと…殆ど寝てました!

Img_6177s

そして、寝起きにまた容赦なくパスタを食わされます。
この時点で本日4度目の食事…_:(´ཀ`」 ∠):_

Img_6175s

いやぁ、しかし…空は良いな!
飛行機怖いくせに空見るのは好きと言う矛盾。
そして、大体空の見過ぎで目が眩みます_('ω'」∠)_

1日の夕方18時に成田を出発して、約9時間のフライトを経て
1日の昼間11時にサンフランシスコ空港へ到着。

Img_6179s

既にこの時点で相当なjet lag(時差ボケ)が\(^o^)/
流石にアメリカだけあって入国時審査は念入りでした!
顔写真も指紋も全部の指取られるので悪い事はできません
…勿論、しないけど!!(笑)

空港からタクシーでホテルまで移動。

Img_6183s

後姿が様になってるぜグウィン!(笑)

基本海外のタクシーはぼったくりなイメージがあるので
あまり使いたくない派なのですが、空港のタクシー乗り場は
どうも空港に許可証を貰った優良?ドライバーしか
入れないらしく、割と安心して乗れました!
でも、乗り場を管理してるおじさんが忙しなく
働いていて大変そうだったよ!お疲れ様です!
タクシーの運ちゃんもかなり陽気なおっちゃんで
グウィンとすげーしゃべってたけど、結局は何言ってるか
殆どわからなかった…

「どっから来たんだい?」
「英語はしゃべれるかい?」


とか聞かれていたと思う…多分!(笑)
で、無事にホテルに到着!

Img_6187s

ここから既にチップ文化が始まっていて早くも戸惑う。
ホテルの前でベルボーイのお兄ちゃんが暇そうに座ってたんだけど
ホテルの前に車が止まると稼ぎ時だと言わんばかりに
荷物を持ってくれる。普段だったらこれくらい自分で持てるし
「No thanks お呼びじゃないぜ~」ってするところだけど
流石にちょっと長時間フライトで疲れ気味だったので
3人ともお願いする事にしました。

Img_6316s_2

サンフランシスコで一泊お世話になったのはベレスフォードアームズホテル
多分凄く古いんだけども、凄く豪華な感じのホテルでした!
でも、エレベーターが故障中だったらしく、移動が階段でした!
僕らはまだ地下一階とかだったから良かったけど
上の方の階の人は大変だっただろうなぁ…。

実は出発前日にこのホテルを急遽予約しました。
それまで他のホテルもちゃんと予約していたんだけど
前々日に(前の)ホテルの場所を確認するついでにホテルの
レビューを読んだらめちゃくちゃ酷い!なんだこりゃ!

一階がスト◯ップBARで入り口にはホームレスがたむろ
夜中に叫んでる人が外に居て、部屋にはネズミとバグ(虫)


オラ、ワクワクしてきたぞ…って事で

グウィーン!グウィーン!一体これはどういう事なの!?

ハイ。即連絡しました(笑)
一応、初の渡米なので前もって多少高くてもセキュリティが
しっかりしてるホテルが良いと彼にお願いしていたのですが
どうも彼が読んでいたのは、海外の方のレビューで
日本人のレビューではなかったようなんですよね。
ですので、海外レビューを基準にまぁまぁなホテルを
選んで貰ったところ、日本育ちには少々キツイところでした。
日本人は綺麗なホテルに慣れていて、海外の人はぶっちゃけ
寝れれば構わないみたいなスタイルの人が多いので…。

そんな訳で前日に選んだホテルがこのベレスフォードアームズホテル。
ホテルしては申し分なかったです!ジュニアスイートだったから?
ただ、Wi-Fiがホテルのも持ち込んだのもロビーでしか
使えなかったので、それがちょっと不便かなぁと思いました。
あ、海外には何度か行ってますが、基本現地ホテルのWi-Fiは
当てにしない方が良いです
。僕は成田空港でレンタルしました。

あとホテルの裏の区域が一応、日本人の外務省が指定している
危険区域みたいな感じだったので、それだけが不安でした。
旅行のガイドブックのマップにも「雰囲気の悪い地域」
書かれてしまうくらいだから相当だろ!?って思って
タクシーの中から見てみましたが、確かにファイナルファイトとかで
よく見るザコキャラ
みたいな人が結構いました…おおぅ。
一回アメリカ行ったくらいなので、一概には言えませんが…
大体見れば一発でここ絶対アカンところみたいにわかるので
そういうところに近寄らないようにすると良いと思います。
あとやっぱり日が暮れてからの無闇な外出は控える
これに尽きます。いのちをだいじに!

さてさて、このチェックインした時点で14時くらいだったかな?
ここからサンフランシスコ半日観光が始まるのですが
長くなってしまったので、続きはまた…

次回「スターデイト」 ときめきの歌。銀河に響け。

|

« 【C86】コミケお疲れ様でした!ありがとうございます! | トップページ | マクロスアメリカツアー②「スター・デイト」 »

イベント」カテゴリの記事

マクロスシリーズ」カテゴリの記事

コメント

続きを楽しみにお待ちしてます!

投稿: デルタに期待? | 2014年11月11日 (火) 09時24分

デルタに期待?さん>
ありがとうございます!
カウンターばかり回って読者がいるかどうかわからないブログなので
そう言ってくださるととてもモチベーションが上がります( ´ ▽ ` )ノ

投稿: 氷雨 | 2014年11月12日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【C86】コミケお疲れ様でした!ありがとうございます! | トップページ | マクロスアメリカツアー②「スター・デイト」 »